大沢たかおは太ったし顔も老けた?実は肉体改造で筋肉ムキムキだった!

俳優の大沢たかおさんと言えば、モデル時代からスラっとして甘いマスクが素敵でした。

しかし、ここ最近では、その外見に「大きく」変化が見られるようで「太った」疑惑などもあがっています。

寄る年波には勝てないのでしょうか? それとも…?

さっそく見てみましょう。

大沢たかおが太った?顔も老けた?

2020年1月31日から公開の映画「AI崩壊」の皮切りを目前にし、メディアへの露出が増えた大沢たかおさん。

SNSで「昔に比べて太った?」「顔が老けた?」という声が持ち上がりましたが、本当のところどうなんでしょうか?

太った?顔が変わった?首から下のラインが???

変化に気づかれている方も多いようですよ。

雨上がり・宮迫が肉体改造で別人!?筋肉ムキムキですごい!

【画像】宮迫博之の筋肉が凄い!肉体改造ダイエットでムキムキ化!

りゅうちぇるが10kg 痩せて筋肉ムキムキに!?体脂肪率なんと6%?

りゅうちぇるが10kg 痩せて筋肉ムキムキに!ダイエット方法は?

大沢たかおは「キングダム」の役作りで肉体改造していた!

2019年に公開された映画『キングダム』で、原作ファンのあいだでも絶大な人気を誇るカリスマ「王騎」を演じた大沢たかおさんは、どうやら役作りのために、徹底した肉体改造を行われたようです。

“sora”

キングダムは、原泰久氏による日本の漫画、第17回手塚治虫文化賞のマンガ大賞受賞作品です。

原作を深く理解していた大沢たかおさんは、この役柄のために身体を1年かけて作り上げ、なんと合計15kgもの増量に挑戦され、75kgから90kgの超マッチョボディになられたそうです。

元々肉食派だったそうですが、身体作りのために更に徹底して、朝食からステーキを食べていたのだとか。

一日に1kgもの肉をたいらげ、プロテインを飲みまくり、筋トレに励みまくったそうです。

そのおかげで、筋肉ムキムキに!俳優魂に脱帽です。

横浜流星の空手仕込みの筋肉は「飾り」じゃない「本物」!

【画像】横浜流星の鍛え上げた筋肉がヤバすぎる!筋トレ法も紹介!

大沢たかおの顔や肉体の変化を時系列で比較!

太った、老けたと話題になるのは、昔のイメージとのギャップが強いからだと思われますので、大沢たかおさんの体型やお顔の変化をみてみましょう。

1991年(23歳)

一世風靡したモデル時代。

モデルの仕事に誇りを持っており、まさか俳優になるとは思ってもいなかったとか。

浅黒い肌で、なんとも言えない不思議な魅力がありました。

1992年(24歳)

こちらも、メンズノンノのモデルの頃です。

カリッとした感じで、やや細すぎる感がします。

1995(27歳)


大沢さんと言えば、やっぱり肉体美と切り離せないですよね。

ファッション誌『anan』などで当時、ものすごく話題になったのを覚えています。

しなやかな獣のようで、色気がありすぎて、目のやり場に困ります。

2000年(32歳)

SFホラー「アナザヘヴン」のドラマ版『アナザヘヴン〜eclipse〜』(アナザヘヴン エクリプス)に出演の頃。

主演の刑事、皆月悟郎役で、女性の連続失踪事件をテーマにした役柄ということもあり、ちょっとやつれた感じかもしれませんが、役柄に入り込むのは俳優の仕事?

2004(36歳)

映画『解夏』の頃、病で視力を徐々失明に向かう小学校教師の複雑な心境を見事に演じ、石田ゆり子さんと共演で話題になりました。

少し陰影がある良い感じの大人顔になって、さらに色気が出てきたように思います。

2009(41歳)


ドラマ 『JIN-仁-』で、幕末の日本へタイムスリップした脳外科医を演じていましたね。

私も楽しみにしていました。

この頃41歳のようですが、とても若いし自然な感じですね、体型も細過ぎず太過ぎず…という感じでしょうか。

2013年(45歳)

第66回カンヌ映画祭コンペティション部門へ出品した、三池崇史監督のアクション・スリラー映画『藁の楯』に出演していた頃。

少しがっしりしたイメージになってきましたね。

お顔もふっくらしてきました。

2015年(47歳)


ドラマ「花燃ゆ」の頃です。

幕末・長州藩を軸に、激動の時代を描いた作品で、楫取素彦(小田村伊之助) 役を演じられていました。

この頃になると、首肩が心なしかガッシリとし、スーツの二の腕あたりがパツパツできつそうですね。

お顔の方は、年齢相応に枯れた感じが出ていますが、47歳という年齢を考えると、それがまたダンディーで素敵です。

2018年(50歳)


え、、だ、誰? いきなり超人化?

なんだか生まれ変わったみたい、というか別人?ですね、マッチョでムキムキボディに!

二の腕の太さも、かなりヤバいです。

お肌のハリもすごくツヤツヤです。

この頃、2019年公開の映画『キングダム』に備えてトレーニングに励まれていたそうです。

アグレッシブな髪型もすごいし、、胸筋もアスリートなみですね。

元々筋肉質ではあったようですが、ここまで肉体改造すると「別人」の域と言っても良いかと。

2020(52歳)


こちらが2020年の大沢たかおさん。

2020年1月31日に公開された映画『AI崩壊』の番宣中のお姿です。

さすがにたるみは見られるものの、お肌がきめ細やかで、艶がありますよね。

老けたと言われれば、確かに昔に比べると年を重ねられたので、そうかもしれませんが、御年52歳!にもなられるそうですので、お若い方だと思います。

『キングダム』以降も、体型を維持されているようで、胸筋でスーツのボタンが弾けそうでしたので、久しぶりに大沢たかおさんを目の当たりにした方は、驚かれたでしょうね。

という事で、太ったと言えば、太った(大きくなった)と言えるでしょうが「脱いだらすごいものを隠し持っている状態」と言えば良いのでしょうか。笑

King & Prince」岸優太の見事な筋肉は「芸術の域」!

【画像】岸優太の筋肉が芸術的な美しさ!細かった時代と比較してみた

SixTONES松村北斗のシックスパックが、あまりに美しすぎて罪!

【画像】松村北斗の筋肉がセクシーすぎる!見事な腹筋の理由は?

筋肉ムキムキなストイック芸能人集まれ!

【2020最新】筋肉がすごいマッチョな芸能人をまとめてみた!

まとめ

大沢たかおさんは、俳優にワクワクを感じられなくなり、引退しようと考えた時期があるようです。

これからは、俳優生命を賭けてぶつかれるような、心惹かれる作品のみにエネルギーを傾けられるようですし、今後どのような展開を思い描かれているのかは分かりません。

しかし、年齢にとらわれず、常に限界の極みでチャレンジされるお姿は、本当にカッコいいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です