砂川信哉のSASUKEの出場結果は?筋肉ムキムキの二の腕がヤバイ!

現役東大生で、テレビ番組「東大王」の新メンバーに選出された砂川信哉さんは、スポーツにも秀でており、2018年よりスポーツ・エンターテインメント「SASUKE」に続けて出演しています。

今日は砂川信哉さんの「SASUKE」の出場結果や、それにまつわるエピソードをまとめてみたいと思います。

砂川信哉はSASUKEに幼少期から憧れていた!

砂川信哉さんにとってSASUKEは「小さい頃からの憧れ」だったそうです。

5歳の頃から番組を欠かさず見ていて、人気ファイナリストの長野誠さんや漆原裕治さんなどに憧れていたとか。

実は東大に入学したのもSASUKEに出場するため(出場には『東大生』の肩書きが必要)だったとか??

長年の夢を叶えられ、2018年〜2020年と三年連続で出場されています。

砂川信哉のSASUKE出場結果は?


「SASUKE2020~NINJA WARRIOR~」(C)TBS

2018年出場結果

初出場の2018年、砂川信哉さんは、ものすごく緊張し、頭の中が真っ白な状態で記憶がほとんどなかったそうです。

テレビで観れば簡単そうに見えますが、実際に挑戦して見ると、水上での挑戦など、かなり怖かったのだそうです。

結果は、残念ながら1stステージでリタイア!

7つある障害の中うち、3つ目の障害「ウィングスライダー」で池に落ち、敗退となりました。

2019年出場結果

トレーニングを積み、2019年二度目の出場!

砂川信哉さんは、昨年から猛練習を積み、1stステージの7つの障害のうちの5つ目まで、行くことが出来ました!

しかし、5段階目のドラゴングライダーでは、トランポリンを綺麗にジャンプしたものの、グライダーを捕み損ねて池にドボン!

結果は、残念ながら1stステージでリタイア!

2020年出場結果

2020年は、新型コロナで練習もままならない状況下にありながら、かなり特訓を積まれて来たようでした。

しかし結果は残念ながら、1stステージでリタイア!

なんと、2019年にはクリアした1stステージの7つの障害のうちの4つ目「フィッシュボーン」で落ちてしまいました。

【2020年SASUKE 1st ステージの障害物】

1. クワッドステップス
4つある斜めに立てかけられた足場を飛び移りながら進む。
2. ローリングヒル
坂状に配置された回転するローラーに飛びついて坂を下り対岸に着地する。
3. シルクスライダー
2本に分かれて吊るされた布をつかんで空中を滑っていく。
4. フィッシュボーン ←砂川さんは、ここでリタイア!
飛び石状に設置された幅30cmの足場を、電動で選手からみて反時計回りに回転するポールを避けながら渡る。
5. ドラゴングライダー
トランポリンで跳躍し、レールに乗っている金属のバーに掴まり対岸に着地する。
6. タックル
240kg, 300kg, 320kgの3つの壁をタックルで押しながら12m進んでいく。
7. そり立つ壁
湾曲している壁を駆け上がり、頂上に手をかけてよじ登る。

情けないし悔しかったそうで、その後、収録日から放送日までの間に4度もフィッシュボーンの夢をみたとか。

ちなみにこの年、森本裕介さんが2度目の完全制覇の偉業を達成しました。

砂川信哉のSASUKEのオーディションでのエピソード

砂川信哉さんは、憧れだったSASUKEに出場すべく、2018年からオーディションに応募されています。

オーディションでは、ハードな身体能力テストと、面接があるのだそうです。

太鼓のゆっくりとしたペースに合わせての「腕立て伏せ100回」など、厳しいテストはクリア出来ない者も多いそうです。

このテストは単に「100回の腕立てが出来るかどうか」だけでなく、意気込みも測るものらしく、砂川信哉さんは、50~60回を越えキツい時にわざと「やれ、おらー!」などと声を出し、自分を鼓舞する演出をしたそうです。

面接に関しては、同じTBSの「東大王」に出演されていたことが、かなり有利に働いたそうです。

砂川信哉にとってSASUKE完全制覇は東大合格より難しい!

2020年のSASUKEのインタビューで、砂川信哉さんはSASUKEの完全制覇は、東大合格よりも難しいと言っていました。

東大合格は一年に3000人合格しますが、歴代のSASUKEの完全制覇は4人しかいないそうです。

2020年は髪を金髪にして、進化した砂川信哉で臨みました(が、結果は残念でした。)

体力ばかりに注目されがちなSASUKEですが、ステージごとに綿密に分析・検証と研究を重ね挑んでいるようです。

いつか夢の「完全制覇」を成し遂げて欲しいですね。

砂川信哉はSASUKEのために筋トレや練習を欠かさない!

砂川信哉さんのSASUKEへの思いは熱く、日々練習を重ねられているようです。

東大王とSASUKEの共通点は、傾向を読んでどう対策して行くのかということにあるそうで、先輩出場者とも仲良くなり、筋トレを一緒にしたり、ご自宅にSASUKEを再現したトレーニング場を作られている方のお家で、練習をされたこともあったようです。

1stステージの最後の障害の練習ですね。

筋トレも頑張っているようですよ、見てください!この筋肉。

筋肉ムキムキなストイック芸能人集まれ!

【2021最新】筋肉がすごいマッチョな芸能人をまとめてみた!

砂川信哉は〝文武両道〟でモテモテ!?

砂川信哉さんは、クイズ番組「東大王」に出演されていますので、頭の良さは知れるところです。

TBS系ので文化系最高峰の番組「東大王」と、さらに肉体系最高峰の「SASUKE」の制覇とは、かなりの文武両道ぶりが伺えます。

加えて、端麗な容姿では、2017年の東大のミスコンファイナリストに選ばれているほどです。

学生時代にしてこのスペック、、さぞかしモテる事でしょうね!

まとめ

今日は砂川信哉さんの「SASUKE」の出場結果や、それにまつわるエピソードについてまとめてみました。

結果はともあれ、夢に挑戦する姿はカッコイイです!

懲りずに次回もまた出演してほしいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です