久保田紗友は子役時代から大人っぽい!すっぴんなのにかわいいと絶賛

女優の久保田紗友さんほど「容姿端麗」という言葉がぴったりな方は中々いないように思いませんか?

透明感のある顔立ちと、年齢の割に落ち着いた雰囲気はとても魅力的。

芸歴は長く、10歳の頃から活動されていたそうです。

そして子役の時代から大人っぽかったという噂。

さっそく見てみましょう。

久保田紗友のプロフィール&経歴

profile
・名  前:久保田紗友(くぼた・さゆ)
・生年月日:2000年1月18日(20歳)※2019年1月時点
・出  身:北海道
・身  長:158cm
・血  液  型:A型
・職  業:女優
・趣味特技:娯楽鑑賞、カメラ、スキューバダイビング

 

久保田紗友さんは、北海道札幌市出身。

10歳の頃から地元の芸能事務所で活動を開始し、ソニーミュージックアーティスツのオーディションに合格、2012年に弱冠12歳にして女優デビューを果たしました。

2013年には、ドラマ「神様のイタズラ」の主演に抜擢、1人5役を見事につとめ、同作品の主題歌も担当するなど注目を受けました。

以降、NHKの連続テレビ小説「べっぴんさん」や、ドラマ「過保護のカホコ」「この世界の片隅に」「同期のサクラ」ほか数々のドラマや映画にも出演。

2020年には映画「サヨナラまでの30分」にて新田真剣佑さんと共演し、ヒロイン役で初の主演をおさめるなど、その存在感は日に日に輝きを増しています。

久保田紗友は子役時代から大人っぽい

久保田紗友さんは、子役時代から、実際の年齢よりも大人びて見られたそうです。

上の写真は10歳〜11歳頃だと思われます、服装は少女らしく可愛いですが、確かに大人な雰囲気ですね。

普通の女の子と同じく「セーラームーン」が大好きな女の子だったのだとか。

「実写版セーラームーン」に出演していた、女優の北川景子さんに憧れていたそうです。

可愛くて清楚、どこかクールな雰囲気は、少し北川景子さんに似ている気もします。

久保田紗友のルックスの変遷

人生の成長期にあって、非常に多くの仕事に取り組んで来られた久保田紗友さん。

子役時代からのルックスの変化を見てみましょう。

2010年 アイドルユニットの頃(10歳)

こちらは地元の芸能事務所にいた頃(10歳頃)の写真のようです。

素顔であどけなさは残っていますが、顔の造作がしっかりしています。

歌やダンスが大好きな久保田紗友さんは、地元では「marry bell」というアイドルユニットに所属していたそうです。

上の動画は11歳の頃のようですね、かわいいし、色っぽい雰囲気も出ています。

2012年 劇団ハーベストの頃(12歳)


久保田紗友 (C)ORICON DD inc.

ソニー・ミュージックアーティスツのオーディションに合格し、若手女優らの演劇集団「劇団ハーベスト」に所属していた頃。

左下が久保田紗友さんです。化粧っ気はなくカラーリップをしているくらいでしょうか、賢そうな女の子という感じです。

2013年 ドラマ「神様のイタズラ」頃(13歳)


写真:https://pucchi.net/hokkaido/funlog/201301kamiita.php

写真:https://pucchi.net/hokkaido/funlog/201301kamiita.php

ドラマ「神様のイタズラ」では、ヤクザ、インコ、憧れの先輩、70歳のおばあちゃんなどと心が入れ替わってしまう中学一年生の「大沢サヤカ」役を演じ、話題になりました。

この頃なんと13歳!眉がしっかりしてきましたね、お顔の方は、もう出来上がりつつありますね。

第11代早稲田塾ガールに選ばれているようですね、可愛いなぁ。

地元札幌のNHKが制作した、ショートテレビドラマ「3人のクボタサユ」にも出演されていました。

この頃14歳、日に焼けた風の健康的なオレンジメイクを施していますが、整い方がありえないほどですね。

2014年 映画「僕は友達が少ない」頃(14歳)

人気ライトノベル『僕は友達が少ない』の実写化で、アニメキャラになりきる主人公の妹「羽瀬川小鳩」役を演じました。

久保田紗友さんのゴスロリファッションやカラコン姿は、何だか新鮮でかわいい。

いつもよりも若く(?笑)見えるかも。

2015年 映画「先生と迷い猫」頃(15歳)


[c]2015「先生と迷い猫」製作委員会

イッセー尾形さん主演の映画「先生と迷い猫」で、野良猫と触れ合う女子中学生の川嶋さぎり役を演じた久保田紗友さんは、15歳とは思えない大人びた容姿でも注目を受けました。

清楚ですが、どこか影のある雰囲気もあいまって、大人っぽさを漂わせています。

2017年 ドラマ「べっぴんさん」頃(16歳)

芳根京子さん主演のNHKの朝ドラ。子供服のメーカーの創業者、坂野惇子さんをモデルにした物語。

彼氏と同棲しながらジャズ喫茶で働くアルバイト店員「山本五月」役で、妊娠・出産まで演じ話題になりました。

正統派で清楚な美人という感じですね、20歳以上の女性に見えませんか。




(C)NHK

2017年 映画「ハローグッバイ」頃(17歳)




(c)2016SonyMusicArtists Inc.

心に問題を抱えたふたりの女子高生が、おばあさんと出会い交流することで成長を遂げる物語。

萩原みのりさんとのダブル主演が話題になり、これまでの女優活動の集大成的作品となりました。

17歳の頃ですね、学生の役ですので制服を着ているとはいえ、やはりかなり大人びています。

2018年 ドラマ「この世界の片隅に」頃(18歳)


pic.twitter.com/eJ2qmcKUI7


https://realsound.jp/movie/2018/08/post-238095.html

こうの史代による日本の漫画作品のドラマ化。

「戦争と広島」をテーマに描いたこの作品では、これまで培ってきた演技力で「浦野すみ」役を見事に演じていました。

ようやくこの頃から、年齢と見た目が少しずつあってきた感じがします。

2019年 ドラマ「同期のサクラ」頃(19歳)

高畑充希さん主演のドラマ「同期のサクラ」の第4話で、チェリストを目指すも手首を痛めて弾けなくなった女性を演じます。

年相応に感じられるようになってきたのではないでしょうか。

実は、久保田紗友さんは、2017年にも高畑充希さんさん主演のドラマ「過保護のカホコ」でチェロを弾く「糸(いと)」ちゃんの役で出演していましたが、この「同期のサクラ」でも「糸」(の昔の姿)として出演されたのでした。

この前作のオマージュが、視聴者の間でも話題になりました。

こちらは過保護のカホコに「糸」役で出演された(17歳の時の)久保田紗友さん。

昔の方がややぽっちゃりしている印象です。

2020年 映画「サヨナラまでの30分」頃(19歳)



映画「サヨナラまでの30分」は新田真剣佑さんと北村匠海さんのW主演が話題の青春“音楽”ラブストーリー。

久保田紗友さんは、ヒロインの「村瀬カナ」役で出演されます。

爽やかな美しさが際立っていますね。

子役の頃から大人びていて、実年齢よりも大人っぽい役もこなされてきた久保田紗友さんですが、ここにきてやっと等身大の役が似合うようになってきた感じがします。

久保田紗友はモーニング娘。志望だった

芸能活動の長い久保田紗友さんですが、「元モーニング娘。だった」という噂があるようです。

調べてみたところ、過去に「モーニング娘。」のオーディションを受けられたことがあるようです。

可愛いですね!子供の頃から大人びた女優顔だったようです。

2010年(10歳)に行われたモーニング娘。第9期のオーディションに応募されたようですが、残念ながら落選されたようですね。

しかしオーディションの映像をみたファンの間で「あの美少女は誰?」と噂になったのだとか。

今こうして見ても、知性的で、可愛いタイプで群生しているよりも、一人で凛と花を咲かせる女優タイプのように思えます。

悔しかったとは思いますが、結果的に遠回りしなくて良かったのでは。

 

こんなネットの声がありました。

・つんくの好みではなさそうだな いまの道で幸せになってください

・モー娘。ごときに入れるのはもったいない

・ハロプロっぽくない顔の一言で片付けられちゃうな

・女優っぽくて手に負えない

・またモー娘。落選組からスターが生まれちゃうのかw

落選はしたものの、その美しさにおいては周知の事実と言った感じです。

 

また、2013年(13歳)には「ミスセブンティーン」のオーディションを受けられており、こちらは最終審査まで進んだそうですが、落選されたようです。

ミスセブンティーンの歴代モデルメンバーには、久保田紗友さんが憧れていた、女優の北川景子さんも入っていますね。

苦汁をなめる時代もありながら、今の位置まで上がって来られたんですね。

久保田紗友のすっぴんが昔も今もかわいい

久保田紗友さんのオーラは、メイクに左右されない、素地=すっぴんから漂うものではないでしょうか。

素顔の美しさには際立つものがありますよね。

昔も今も変わらず、かわいい彼女の魅力をどうぞ。

いやはや、たまらないかわいさです!

 

この投稿をInstagramで見る

 

写真集発売まであと2日です。 こんな久保田も🏓

久保田紗友(@kubotasayu)がシェアした投稿 –

素顔で卓球♡あ、初の写真集が販売されますね、楽しみです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

#repost 「この世界の片隅に」 明日16日の放送が最終回となりました。 今年の春からずっと向き合わせていただいていた 作品が終わってしまう。 あの時代の話は嘘のようで、でも事実で、 それを経て今があると思うと、 とても考え深いし、 伝えていきたいし 沢山の方に届いて欲しいし、 少なからず絶対に何かを感じてもらえる作品だと思います。 私の力は微力ですが、この作品に携われたことが幸せです。丁寧で、素敵な現場、作品に出会わせて頂きました。 最後までぜひ、ご覧ください。 👥@konoseka_tbs 📷@hamadahideaki #この世界の片隅に#tbs

久保田紗友(@kubotasayu)がシェアした投稿 –

女神さま?

ほぼ素顔かな。美しいですね。

目の下にうっすらあるクマすら愛おしいです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

身体の外に吐き出してみないとわからないこともあるよ

久保田紗友(@kubotasayu)がシェアした投稿 –

ブルーのヘッドアクセがおしゃれ、まゆも書いていないようですね、普通ならメイクをしないと衣装に負けてしまいそうです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

久保田紗友(@kubotasayu)がシェアした投稿

アール・デコ風な柄を取り入れた衣装&アクセサリーが素敵。

すっぴんなのに、こんな大人っぽい衣装が似合って、かわいいなんて、、ずるい。

久保田紗友の素顔の魅力溢れるCM&MV

コンタクトレンズ「アキュビュー」のCMで、女優の戸田恵梨香さんとの姉妹役で出演されていました。

消極的で気になる男子に思いを伝えられない妹が、コンタクトレンズに挑戦することから始まる小さな変化の物語。

かわいすぎる妹の変化・成長を思わず応援したくなりますね。

 

おなじみ、「お~いお茶」のCMにも出演されていました。

深い森の中で、PERSONZの代表曲”Dear Friends”(1989年リリース)を歌われている姿は、爽やかでまるで妖精です。

 

今はもう解散したバンド「サンドクロック」の1stアルバム『オリフィス』の中の収録曲「ROOM」のミュージックビデオ。

失ってしまった彼女への想いを断ち切りながら、思い出と共に部屋を片付けていくという失恋ソング。

こんな可愛らしい彼女を失ってしまったら、立ち直れない気がしますね。

 

セルフプロモーション動画でしょうか?久保田紗友さんが主演する映像作品です。

ほろ苦さを感じて、胸がキュンとします。

まとめ

美しく、演技力もあると評判の久保田紗友さんは、久しぶりに現れた正統派の女優だと言われています。

子役時代から大人びていて美しく、すっぴんのかわいさは、群を抜いていますね。

今後、どこまで演技の幅が広がって行くのか、楽しみすぎます。

 

久保田紗友さんの10代の美が詰まったファースト写真集

1st写真集 久保田紗友

 

久保田紗友さんの電子書籍Vol.1

PROTO STAR 久保田紗友 vol.1【電子書籍】

 

久保田紗友さんの電子書籍Vol.2

PROTO STAR 久保田紗友 vol.2【電子書籍】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です