【画像】窪塚愛琉の母親は〝のんちゃん〟元レゲエダンサーで美人!

俳優・窪塚洋介さんの息子として、最近メディアでも話題&活躍中のモデルの窪塚愛琉さん。

父・窪塚洋介さんと言えば、確か2015年には再婚されていましたよね。

ということで、今日は気になる愛琉さんの母親について調べてみました。

窪塚愛琉の母親は〝のんちゃん〟一般人女性

・名  前:徳子(のりこ)
・愛  称:のんちゃん
・生年月日:1981年(39歳※2020年時点)

窪塚愛琉さんの母親は、徳子(のりこ)さんという名前の一般人女性です。

父・窪塚洋介さんには「のんちゃん」という愛称で呼ばれていたようですね。

結婚が決まった当時、メディアへの露出も高かったことから、覚えている方もいらっしゃるかもしれません。

芸能人と言っても良いルックスで、当時「レゲエダンサー」だったそうです。

“sora”

レゲエは、1960年代後半にジャマイカで発祥した音楽です。

レゲエダンスでは、女性のダンサーがセクシャルな衣装と振り付けで踊り、かなりハードな動きもあります。

窪塚愛琉の母親と、父・窪塚洋介との馴れ初めは?

愛琉さんの母親と、父・窪塚洋介さんの馴れ初めについて調べてみたところ、2002年に窪塚洋介さんと、レゲエダンサーとして働いているクラブで出会い、そこで意気投合したそうです。

2003年に愛琉さんをお腹に宿し(できちゃった)結婚したと言われています。

窪塚洋介さんはセクシーなタイプが好きなのでしょうね、お美しい方です。

窪塚愛琉の母親は、元風俗嬢?

愛琉さんの母親、徳子(のりこ)さんについて調べていると、なんと窪塚洋介さんとの結婚前に「風俗嬢」として働いていた過去を、フライデーに暴露されていました。

そこには、ラブホらしきところで下着を手にしている徳子(のりこ)さんの写真が。

有名人の嫁となったことで、あまり知られたくはない過去が全国中に知れ渡ってしまったのは、お気の毒です。

報道に対し、窪塚洋介さんは「昔がどうであれ、今がちゃんとしていれば俺はいいです」とコメントしています。

窪塚愛琉の母親が、父・窪塚洋介と別れた理由は?

愛琉さんの母親となられた9年後、2012年に、徳子(のりこ)さんは窪塚洋介さんと離婚をされています。

離婚の理由は、具体的には明かされていませんが、「子育てをめぐる考え方の相違が原因」だと報じられていました。

その裏で、徳子(のりこ)さんの育児放棄、現在の妻・菅原優香さんによる「略奪愛」など、穏やかでない噂が立っていました。

離婚後の親権は窪塚洋介さん、養育権は徳子(のりこ)さんと、珍しい形を取られていますが、離婚当時まだ9歳で母離れが出来ない愛琉さんのことを案じた計らいだったのでしょう。

愛琉さんは、父・窪塚洋介さんと一緒に暮らしているようです。

“sora”

「親権」=金銭面を担う者、「養育権」=育てていく者

窪塚愛琉の母親は、窪塚ファミリーと現在も仲良し!

愛琉さんの母・徳子(のりこ)さんは、現在、窪塚洋介さんの現在の妻でダンサーの菅原優香(PINKY)さんと、友人のような関係で、窪塚洋介さん抜きで集まることもあるそうです。

窪塚ファミリーのインスタには、徳子(のりこ)さんの姿が、度々見られます。


2015年7月 宮古島・家族旅行


2018年12月 クリスマス


2019年10月8日 愛琉さん誕生日

息子・愛琉くんの誕生日には、窪塚ファミリーと共に食事をして祝うなど、円満な関係にあるようです。

元妻と、現在の妻が仲良しなんて、一般的には考えづらいですが、家族の愛の形も色々なんですね。

kaitoの父は、あのミスチル桜井!詳しいファミリー情報はこちら!

kaitoの家族や兄弟は?父はミスチル桜井!母はアイドル吉野美佳!

窪塚愛琉の母親の現在は?

離婚後、徳子(のりこ)さんは、大阪に住まいを移し、ダンサーとしての経験を活かして、ダンススクールを経営しているそうです。

離婚当時、窪塚洋介さんが「嫁に対してはダンススクールの件含めサポートしていく所存」と明言していますので、現在はスポンサーとして金銭的な面でサポートをしてくれているものと思われます。

徳子(のりこ)さんが、これから新しい男性と結婚をする可能性もないとは言えませんよね。

息子・愛琉さんのかけがえのない母親として、また一人の女性として、ご活躍を祈りつつ。

イエモン吉井和哉の息子・イケメンモデル吉井添の母親の秘密にせまる!

吉井添の母親は誰?父親・イエモン吉井和哉とは離婚後も円満?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です