八代目・市川染五郎の家族兄弟まとめ!父は松本幸四郎、母は藤間園子

八代目・市川染五郎さんと言えば、日本の伝統芸能「歌舞伎」界における期待の新星(プリンス)。

今日は、気になる八代目のご家族(両親・兄弟・親戚)について、まとめてみたいと思います。

八代目・市川染五郎のプロフィール

八代目・市川染五郎

襲名歴 1. 四代目・松本金太郎
2. 八代目・市川染五郎

・本  名:藤間齋(ふじま・いつき)
・生年月日:2005年3月27日
・出  身:東京
・血  液  型:AB型
・趣味:絵を描く事

八代目・市川染五郎さんは、日本の伝統芸能「歌舞伎」の役者です。

屋号は「高麗屋(こうらいや)」

2007年6月、2歳の頃に、歌舞伎座『侠客春雨傘』で初御目見得し、2009年6月、4歳の頃に歌舞伎座『門出祝寿連獅子』の孫獅子で初舞台を踏み、四代目・松本金太郎を襲名しました。

2018年に「高麗屋」の三大襲名披露興行『壽 初春大歌舞伎』で、八代目・市川染五郎を襲名しています。

歌舞伎界では、親や師匠などの名前を受け継いで自分の名とするために、次々と名が変わっていくんだトリ!

“torico”

イケメンと言うとちょっと軽くなってしまうほどの「美形」の持ち主。

これから「高麗屋」のスターとして、歌舞伎界を大いに盛り上げてくれる事でしょうね、楽しみです♡

八代目・市川染五郎の家系は、芸能一家!

さて、八代目・市川染五郎さんの家系についてですが、代々歌舞伎の家柄で「芸能一家」のようですよ。

芸事に優れ、才能豊かで、表現に携わるお仕事についている方ばかりです。

追って見て行きましょう。

八代目・市川染五郎の父親は、十代目・松本幸四郎

八代目・市川染五郎さんの父親は、十代目・松本幸四郎さんです。

・本  名:藤間 照薫(ふじま・てるまさ)
・別  名:松本錦升(舞踊)
・生年月日:1973年1月8日
・出  身:東京
・血  液  型:AB型
・趣  味:野球

襲名歴 1. 三代目・松本金太郎
2. 七代目・市川染五郎
3. 十代目・松本幸四郎

古典歌舞伎から復活狂言、新作歌舞伎にも挑戦され、演技力が非常に豊かで、色男から下衆な男、女方までつとめられる役者です。

2018年1月に、父「松本幸四郎(九代目)」さんの「松本白鸚(二代目)」襲名に伴い、ご自身も「松本幸四郎(十代目)」を襲名されています。

この時、同時に息子に「市川染五郎」の名を譲る事となりました。

歌舞伎はもちろん、それ以外も幅広い活躍を見せており、俳優としても活動されていますよね。

見目麗しい息子の父とあって、もちろん容姿端麗です。

2020年には、新型コロナで歌舞伎界も打撃を受けたと思われますが、有名な「仮名手本忠臣蔵」をオンライン向けに構成・演出した『図夢歌舞伎』の配信に挑戦するなど、新たな試みにも意欲的です。

息子の八代目・市川染五郎さんが言う事には、歌舞伎については尊敬できるけれど、私生活においては「ちょっと変わったところ」もあるとか。

“sora”

ちなみにお父様は「妄想」が趣味で、某バラエティ番組に市川猿之助さんと共に出演した際に、子供の頃から「今日のベストテン」や「一人野球遊び」など、かなり独創的な妄想ゲームをしていたことを明かされていました。笑
妄想は、表現者には必要な能力だトリ!

“torico”

2001年に「重要無形文化財(総合認定)」に認定されており、2020年には「日本芸術院賞」も授与されています。

親子としても、更なる活躍が期待されますね!

イエモン・吉井和哉の息子、吉井添がめちゃくちゃメンヘラっぽい件

吉井添がメンヘラっぽいのは父譲り?メークやアートがヤバい!?

八代目・市川染五郎の母親は、藤間園子

八代目・市川染五郎さんの母親は、藤間園子さん(旧姓:関)です。


写真:家庭画報.com

一般女性ですが、時折「家庭画報」ほか、メディアにもお顔を出されることがあるようです。

和服が似合う「ハンサム美人」ですね、着物は「仕事着」1年のうち半分ぐらいは着用しているとか。

きちっとした雰囲気で、切れ長な目元が、八代目とよく似ていますよね。

八代目・市川染五郎さんは「美しい」と思う女性は?と言う問いに「母」と答えられたのだとか♡

父親の十代目・松本幸四郎さんとは、高校時代からの友人だったようですね。

聖心女子専門学校英語科卒業後、ニューヨークマンハッタン音楽院ジャズ課で「音楽学士課程」を修了し帰国、資産家のご令嬢だと噂です。

教養、作法などが、ある程度(以上)身についていないと、梨園の妻は中々務まらないんじゃないかな。

“torico”

2003年に結婚後、一男一女をもうけ、母親として家族を支えながら、いつも暖かい目で、高麗屋を見守られています。

窪塚洋介の息子・愛琉の母親は、元レゲエダンサーで美人!

【画像】窪塚愛琉の母親は〝のんちゃん〟元レゲエダンサーで美人!

ミスチル桜井の息子kaitoは、母親もアイドルだった!

櫻井海音Kaitoの家族や兄弟は?父はミスチル桜井!母もアイドル!

八代目・市川染五郎の兄弟は、松田美瑠

八代目・市川染五郎さんの兄弟についてですが、二つ年下の妹さんが一人いらっしゃるようですね。

名前は松田美瑠(まつだ・みる)さん。

可愛らしいお名前です。


写真:rootote.jp

・芸  名:松田 美瑠(まつだ・みる)
・本  名:藤間薫子(ふじま・かおるこ)
・生年月日:2007年2月11日
・出  身:東京
・血  液  型:B型

本名は、藤間薫子(かおるこ、、素敵な名前ですね)あだ名は「くんちゃん」だそうです。

2012年8月、7歳の頃に、父で十代目・松本幸四郎さんが「松本錦升」として家元を務める日本舞踊の舞台で、舞台デビューを飾られています。

また、2014年8月には、父が脚本を書いた「表裏おうち騒動」と言う演劇に出演し、舞台での親子共演を果たしています。

歌舞伎界では、女性が活躍する場も増えつつあるようで、市川海老蔵さんの娘「四代目・市川ぼたん」さんなどもご活躍されているとか、、これからが楽しみですね。


兄と一緒に「隈取り」。

下の写真は、八代目・市川染五郎さんが撮影した松田美瑠さんの写真です。

2017年に、珍しく家族4人が揃って電車に乗った時のものらしく「駅員さんのポーズ」をさせたようです。

仲良し兄妹らしい、ほのぼのとした雰囲気が伝わって来ますよね。

八代目・市川染五郎の彼女は誰?憧れの人は平手友梨奈!

【2021最新】八代目・市川染五郎の彼女は?好きなタイプも調査!

八代目・市川染五郎の祖父は、二代目・松本白鸚

八代目・市川染五郎さんの祖父は、二代目・松本白鸚さんです。

襲名歴 1. 二代目・松本金太郎
2. 六代目・市川染五郎
3. 九代目・松本幸四郎
4.二代目・松本白鸚

・本  名:藤間昭暁(ふじま・てるあき)
・別  名:錦升(舞踊)
・生年月日:1942年8月19日
・出  身:東京
・血  液  型:B型
・趣  味:ギター、絵画、競馬

“sora”

2018年1月に、高麗屋の祖父・親・子、三代にわたって「襲名式」が行われたのは、まだ記憶に新しいですね。
八代目が「金太郎」から「八代目・市川染五郎」となった際に、父が「七代目・市川染五郎」から「十代目・松本幸四郎」となり、祖父が「九代目・松本幸四郎」から「二代目・松本白鸚」となった、、と言うわけか。

“torico”

この祖父は、高麗屋の歌舞伎の芸をきっちりと継承されながらも、歌舞伎のみに囚われず、ミュージカル、現代劇、映画やドラマなどあらゆる舞台で活躍される「万能型」。

現代演劇界を代表する俳優と言っても良いでしょう、ダンディーでカッコ良い方ですよね。

出演作は数え切れないほどですが、中でもミュージカル、特に『ラ・マンチャの男』はライフワークと言えるでしょうか。

ニューヨーク・ブロードウェイで(全編英語で)主演を務め、日本国内でも1969年(初演)以来、通算1300回以上を主演として務めあげるなど「日本国内最多上演記録」を更新中。

また、プロデュースにも長けており、九代・琴松(きんしょう)の名で舞台演出も行っているとか。

舞台に掛ける情熱は、孫の八代目・市川染五郎さんにも受け継がれているに違いありません。

三代揃ってのご活躍、共演なども見たいですね!

“sora”

ちなみに、歌舞伎の隈取(くまどり)をデザインしたフェイスパックは、このおじいさまの監修なんですって!
2009年に「日本芸術院会員」、2012年に「文化功労者」に認定されているよ。
「紫綬褒章」も授与している「文化功労者」だトリ!

“torico”

八代目・市川染五郎の叔母は、女優・松たか子と松本紀保

八代目・市川染五郎さんの叔母に、女優の松たか子さんと松本紀保さんがいらっしゃいました。

祖父・松本白鸚さんの娘たち(父・松本幸四郎さんの妹と姉)にあたります。

松たか子さん(妹)は、言わずと知れた有名女優・歌手ですよね。

演技はもちろん音楽の才能に恵まれており、歌唱力も抜群!

ディスニーの名作「アナと雪の女王」では、素晴らしい歌声で日本中を感動させてくれました。

八代目と、妹さんには「たーたん」と呼ばれているようです。

松本紀保さん(姉)も、女優で『マトリョーシカ』、ミュージカル『ラ・マンチャの男』、『虹を渡る女』他、さまざまな舞台で活躍されているようです。

おじいさま、お父様、松たか子さんと4人でドラマ『竜馬がゆく』に出演したこともあるとか。

母親の園子さんによると、叔母さまお二人は、八代目が小さい頃には、オムツをかえたりミルクを飲ませてくれたりしたそうですね。

初御目見得など、成長の節目にはいつも足を運び、親のような気持ちで見守り続けてきてくれたのだそうです。

愛されていますね♡

このように、八代目・市川染五郎さんのご家族は、華やかな演者が揃う「芸能一家」で、役者になるべくして生まれて来られたように思えます。

素敵な先輩方の背中を追いながら、どんどん成長・ご活躍されていくことでしょう、楽しみです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です