吉井添がメンヘラっぽいのは父譲り?メークやアートがそれっぽい!?

若手モデルの吉井添さんと言えば、有名ロックミュージシャンを父親に持ち、アンニュイな雰囲気が話題です。

退廃的な独特の世界観は、どこか人を惹きつけずにいられない魅力がありますよね。

しかし一部で「メンヘラ」などと言う声が上がることもあるとか?

そこで、ここでは吉井添さんの魅力について「メンヘラ」と言うキーワードを交えながら見てみたいと思います。

吉井添がメンヘラっぽいと噂?

インスタを見ると、吉井添さんの名前と共に「メンヘラ」と言う言葉が上がっています。

「目が死んでいる」と言う言葉も。笑

吉井添がメンヘラっぽいのは父親譲り?

吉井添さんの父親は、あの伝説のロックバンド「イエモン」ことTHE YELLOW MONKEYの元ボーカル「吉井和哉」さんです。

吉井和哉さんはイエモン時代「ロビン」と言う相性でも呼ばれていたようですね。

息子の吉井添さんは父親(ロビン)にすごく似ていることから、父息子共に「メンヘラ吸着率高め」などというツイートが。

ファンにメンヘラが多かったのでしょうか?

イエモンの歌詞って、メンヘラ的だったんですね?なるほど?

吉井添さんに「お化粧系メンヘラ男子」「時代だね」との声が上がっています。

あ、でもそう言えば、父親の吉井和哉さんも、時代は違えど化粧を施されていましたっけ。

ロックバンドや、ミュージシャンの様式の一つに「ヴィジュアル系」と呼ばれるものがあります。

化粧やファッションで、世界観や様式美を表現するものですが、これがオタクカルチャーの「コスプレ」的で、=「メンヘラ」と捕らえられることがあるのでしょうか。

もしそうならば「メンヘラ的なビジュアル」は、父から子供にバッチリと受け継がれているようです。

吉井添さん、父を継いで「カリスマ」となられるでしょうか。

吉井添はメンヘラメイクが似合う!

このところ女子の間で流行っているメイクに「メンヘラメイク」と言う種類があるのをご存知でしょうか?

泣きはらしたような赤い目元をメイクで作り上げ「病みかわいさ」を演出するのだとか。

その仕上がりが「メンヘラっぽい」イメージだと言うことで「病みメイク」「地雷メイク」などとも呼ばれているそうです。

吉井添さんは、女子の間で流行りのこのメイクを、ガツンと目元に施しています。

雰囲気ありますよね、、引き込まれそう。

中々これが似合う男性はいないと思うのですが、吉井添さんの中性的な美が引き立ちますね。

女性の場合、このメイクにはゴシックロリータ系の「ドーリー」なコーディネートをされている方が多いように思います。

吉井添のアートもメンヘラっぽい?

吉井添さんは、ご自身のインスタグラムに作品(イラスト)を色々と発信されています。

その作品に出てくる少年少女が、かなり虚ろな表情で、身体中に傷があったり殴られた跡が???

 

この投稿をInstagramで見る

 

心は死なない

(@ten_441)がシェアした投稿 –

「心は死なない」

 

この投稿をInstagramで見る

 

物に当たるくらいなら自分に

(@ten_441)がシェアした投稿 –

「物に当たるくらいなら自分に」と言う言葉と共に、タバコを片手に殴られ鼻血を出した少年(リストカットの跡あり)!

 

この投稿をInstagramで見る

 

僕といると君まで

(@ten_441)がシェアした投稿 –

僕といると君まで(殴られると言う意味でしょうか?)

強烈なメッセージが込められているような作品たち、、過去に何か壮絶な体験があるのでしょうか?

吉井添さんに「メンヘラ臭がする」と言われる理由は、ルックスにプラスして、これら独特な作品などから来ているのかもしれません。

実際の彼の性格がそうだと言うものではありませんので、悪しからず♡

ところで、吉井添の母親って誰なの?タレントの真鍋かおりではない筈、、。

吉井添の母親は誰?父親・イエモン吉井和哉とは離婚後も円満?

まとめ

モデルの吉井添さんは、その危うい雰囲気を含めて(父親に似て?)強烈に人を惹きつける魅力がありますよね。

作品にも興味が湧きますね、歌も歌われるのでしょうか?

これからの吉井添さんから、目が離せません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です