プロソフトテニスプレーヤー船水颯人が勝ち続ける11の理由とは?

こんにちは!

今日は、国内初のプロソフトテニスプレーヤー船水颯人(ふねみず・はやと)選手
勝ち続ける11の理由について迫ってみようと思います。

プロフィール

Profile

・名前:船水 颯人(ふねみず・はやと)

・生年月日:1997年01月24日

・年齢:22歳

・血液型:A型

・身長:170cm
・出身地:青森県 黒石市

・出身校

 中学:黒石中学校
 高校:東北高校
 大学:早稲田大学

・職業:ソフトテニス選手(右利き/後衛)

・所属 :ヨネックス

 

◯好きな食べ物/ラーメン二郎のラーメン、サーティワンのアイスクリーム
◯好きな映画/胸キュン系

◯休日の過ごし方/洋服を探しにショッピング

 


©︎SOFT-TENNIS MAGAZINE

主な戦績

2019年 ・全日本ナショナルチーム&世界選手権
日本代表

・チャイナカップ国際ソフトテニス大会
 国別対抗&混合複&シングルス…優勝
2018年 ・アジア競技大会 国別対抗…銀メダル
・東京インドア…優勝
2016年  2018年 ・天皇賜杯 全日本選手権大会…優勝
2015年  2017年  2018年  2019年 ・全日本シングルス…優勝
2016年 ・全日本インドア…優勝
・アジア選手権
 ダブルス・ミックスダブルス
 国別対抗…金メダル
2015年 ・世界選手権 ダブルス…銅メダル
       国別対抗…金メダル

船水颯人が勝ち続ける11の理由とは?

志高く、ひたすら自分と向き合い次々に勝利の道を切り開いて行く。

孤独の世界で幾多の試練をクリアして来た船水選手のインタビューの中で特に印象的だったものをピックアップしてみました!

勝ちへの執着を極力捨てる

大学に入ってから
『強すぎる勝ちたい気持ち』が緊張を生んでいることに気が付きました。
矛盾するようですが、勝つためには、勝ちたい強い気持ちを極力捨てること。
それが、僕なりの気持ちの準備です。
引用元:ソフトテニス・マガジン

負ける要因を逆算し排除する

勝つために、どうすればいいのかを考えて
プランを立てたり練習したりする人は多いと思います。

 

僕は「これをすれば負ける」という要素を排除していきます。
例えば、サービスとレシーブのミスを繰り返せば、
どんな相手にも負けてしまいます。

逆に負ける要素をクリアーすれば勝てると思っています。
だから、負ける要因を整理して試合を臨んでいるんです。
引用元:ソフトテニス・マガジン

人の意見は取り入れる

あまり頑固になり過ぎず
いろいろな人の意見を取り入れながら
前に進むことが大事です。
引用元:ソフトテニス・マガジン

高校時代までは人の意見を素直に聞かず
「分かっているよ!」と思いながらプレーしていましたが
大学に入ってからは変わりました。
引用元:ソフトテニス・マガジン

1人では限界があります。
大学には良いお手本がたくさんいるので
意見を聞かないと損です。
引用元:ソフトテニス・マガジン

立ち止まらずに挑戦する

今、振り返れば、高校2年生までは
「今のままでいい」というマインドで
新しいことにあまり挑戦していなかったんです。
あそこで、逃げずにチャレンジしたことが良かったと思います。
引用元:ソフトテニス・マガジン

失敗して、気がつくことは多いので。
チャレンジすることで、何かが生まれます。
立ち止まっていると、何も見えてきません。
自らの目標、プラン、テーマから逆算して
常に考えて練習しています。
引用元:ソフトテニス・マガジン

負けられない!という意地を活かす

「俺は何のために練習してきたんだ」って。

大学日本一を決める大会に出場できるのは
人生でこの時期しかありません。
もう意地ですよ。
負けられないという思いが強かったです。
引用元:ソフトテニス・マガジン

心身から道具までケアは当たり前にする

連戦ならではのケアはありますか。

メンタル面の話ですが
僕は先のことを考えないようにしています。
優勝しようとか、翌日の試合はこうしようとか
あえて口に出しません。
目の前のことに集中できなくなるから。
引用元:ソフトテニス・マガジン

カラダはどのようにケアしていますか。

ホテルに戻ってからは、入念にストレッチしていました。
試合と試合の間が、1、2時間くらいであれば
軽くジョギングしてダウンするくらいです。

なるべく休憩しています。
引用元:ソフトテニス・マガジン

道具のケアは?

以前にも話しましたが、ラケットは5、6本持っていきました。
グリップも毎朝のように巻き直していました。
感覚が悪いときも、交換しますね。

 

連戦であっても、なるべく同じ感覚でプレーできるように
メンタルもカラダも、そして道具にも気を使っています。
シンプルなことですが、僕にとっては重要ですね。
引用元:ソフトテニス・マガジン

臨機応変に戦術をシフトする

以前に比べて、戦術的な引き出しも増えていたので
すぐに戦い方をシフトチェンジできました。

 

以前の僕であれば、動かない体にムチを打って
いつも通りの戦い方で挑んでいたかもしれません。

これでダメならこれで行く
という臨機応変な対応ができたと思っています。
引用元:ソフトテニス・マガジン

肉体的に極限の状態の中でも、最良の選択ができたのはなぜですか。

戦術的な引き出しがあったからこそ
落ち着いて、最善の策を取られたのでしょうね。

まだまだイメージと実際のプレーの誤差を無くし
追求して行く必要があります。
引用元:ソフトテニス・マガジン


©︎SOFT-TENNIS MAGAZINE

チャンスは絶対掴み取る!という覚悟をもつ

チャンスはいつ訪れるか分からない。
しかし、そのチャンスを
掴み取れるかどうかで勝敗が決まる。

準備をしたからと言って百発百中で
チャンスを掴み取れるわけではないし

そのチャンスが来るかどうかも分からないですが
そのための準備は、間違いなく必要だと思います。
引用元:ソフトテニス・マガジン

優勝した後に「自分との戦いでした」と話していましたね。

「自力でつかみ取るしかない」
という気持ちで臨んでいました。

大学に入学して以降、日本代表として
アジア競技大会に出場することがまず1つの目標でした。
そのチャンスを目の前にして
逃すことなんて考えられなかった。
引用元:ソフトテニス・マガジン

自分を律し常に危機感を持つ

新しい選手も台頭してきました。下の世代から突き上げは感じますか。

もちろん感じています。
特にシングルスは全体のレベルは上がってきています。
僕自身、もっと進化していかないと。
常に危機感を持っています。
引用元:ソフトテニス・マガジン

自分を律するために、意識して危機感は持つようにしているのですか。

うーん。どうでしょうか。
悪く言えば、僕はネガティブ思考なんです(笑)
このままではダメだ、ダメだって。
引用元:ソフトテニス・マガジン

 

緊張の糸が切れないように精神状態を保つのは、大変なのではないですか。

現役でプレーできる期間は、それほど長くありません。
選手人生を続けているかぎり、ベストを尽くします。
いつ勝てなくなるか、分かりませんから。

 

日本代表に入ることもそう。
このポジションにいることは当たり前ではないので。

決して自信がないわけではありません。
良い意味で自分をコントロールできていると思っています。
引用元:ソフトテニス・マガジン


©︎SOFT-TENNIS MAGAZINE

とにかく実戦を積んで完成度を高める

基本的にはやることは変わりません。
いままで積み上げてきたものの完成度を高めていきたいです。

 

強いて言うならば、瞬間瞬間の迷いをなくしていくこと。
それは実戦でしか鍛えることができないこと。

状況に応じて、いま持っている引き出しから何を出すのか。

アジア競技大会までに公式戦もあるので
実戦のなかで確認していきます。
そうすれば、必然的にミスも少なくなると思います。
引用元:ソフトテニス・マガジン

結果が全て!今やるべきを整理する

「スピードテニス」の完成度はどれくらいまできていますか。

どれだけスピードの速いプレーや展開が
できるようになったり
思い通りのプレーができていたとしても

アジア競技大会のコートで
それが出せなければ意味がありません。
結果がすべてなので。

 

ただ、勝つことだけに意識を強く持ち過ぎては
目の前のことがおろそかになってしまう。

今やるべきことは何なのか、何が必要なのか
しっかりと整理すること
が大切だと思っています。
引用元:ソフトテニス・マガジン

まとめ

いかがでしたか?
船水颯人選手が勝ち続ける11の理由をまとめてみると

・勝ちへの執着を極力捨てる
・負ける要因を逆算し排除する
・人の意見は取り入れる
・立ち止まらずに挑戦する
・負けられない!という意地を活かす
・心身から道具までケアは当たり前にする
・臨機応変に戦術をシフトする
・チャンスは絶対掴み取る!という覚悟をもつ
・自分を律し常に危機感を持つ
・とにかく実戦を積んで完成度を高める
・結果が全て!今やるべきを整理する

「勝つ人には、勝つだけの理由がある」というのが本当に良くわかりますよね。

「意思あるところに道は開ける」というポリシーを貫き通し、次々と望む世界を切り開く船水選手の生き方に、感銘を受けました。

心から尊敬し応援します!

↓ 良かったらこちらもどうぞ

船水颯人が使っているラケットは?高校OBとストロークについて語る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です