松坂桃李の笑えるオタクエピソード7選!遊戯王〜FFジンネマン騒動まで

松坂桃李さんと言えば、数多くのドラマや映画に出演され、今や俳優としてトップクラスの勢いですが、ネット上で時折見せるガチオタぶりが、たびたび話題になっています。

今日は、そのオタクエピソードをまとめてみました。

松坂桃李のオタクエピソード〜遊戯王篇〜

エピソード①「キング松坂」の異名を持つ男!

松坂桃李さんは、人気のスマホゲーム「遊戯王デュエルリンクス」の愛好家で、その実力は、無課金で最高ランクの「キング」になる程。

「デュエリスト」と呼ばれるオタクのプレイヤー達からは「キング松坂」とも呼ばれ、芸能人ながら「あいつは本物だ」と一目置かれる存在だとか。笑

このゲームにハマっている芸能人は、ジャニーズ「Sexy Zone」の中島健人さん、モデルの栗原類さん、スポーツ界でもフィギュアスケート選手の田中刑事さんなど、多くの方挙げられるそうですが、そんな中にあって、松坂桃李さんのマニアックぶりは群を抜いているようです。

エピソード②ラジオで仕事を忘れ暴走!

松坂桃李さんは、同じ芸能事務所の後輩、菅田将暉さんのラジオ「オールナイトニッポン」にたびたび出演されています。

出演されるたびに、出演映画の告知などそっちのけで『遊戯王』への愛を熱弁する姿が面白過ぎて、話題になっています。

まるで「遊戯王デュエルリンクス」の宣伝担当では?と思えるほど。

最初はちょっと引いていた菅田将暉さんも、とうとうこのゲームのファンになったようです。

番組ではリスナーに「端正な顔立ちと、確かなる演技力で実力をつけていった一流の俳優が、いかにして(中略)好きなことしか喋らないキモオタに成り下がったか。」などと面白すぎるツッコミが入るほどです。

 

エピソード③一般人オフ会に「自営業者」で参加?

松坂桃李さんは、忙しい仕事の合間を縫って、『遊戯王デュエルリンクス』の一般人のオフ会に、素性を明かさず、自営業者として参加された事があるそうです。

オフ会では、仕事で忙しく映画やドラマなどを見ることもない、松坂桃李さんのことを全く知らない二人の一般人男性を相手に、話に花を咲かせたようです。

エピソード④ツイッターで「裏アカ騒動」?

松坂桃李さんは「遊戯王デュエルリンクス」の実況動画で人気の「RYU」と言うYouTuberが「キング」に昇格したこと際に、公式ツイッターから「キングおめっす!」など祝福のコメントを送り注目を集めたことがあります。

普段、公式ツイッターからの投稿は、出演作の告知が中心なのに、あまりにフランクな言葉遣いだった事などもあり、ファンの間では、裏アカウントで送るべき内容を、間違えて公式アカウントで送ってしまったのでは?などと噂になりましたが、後に本人がいう事には、そんな配慮など出来ないのだとか。

デュエリスト達からは、もはや俳優と言うより「ガチでただのデュエリストやん」と驚きの声が続出しました。

エピソード⑤オタクぶりにファンが置いてけぼり!

松坂桃李さんの『遊戯王』に対するオタクぶりについて行こうと、健気に頑張るファンもいるようですが、なかなか道は険しいようです。

ファンを置いてけぼりにするほどのハマり用、だけどそれも微笑ましい?と愛されているようです。

松坂桃李のオタクエピソード〜FF篇〜

エピソード⑥謎の言葉「ジンネマン」がトレンド入り

オタクぶりが、公然化してきた松坂桃李さんですが、2020年4月8日のツイッターが物議を醸し、謎の言葉「ジンネマン」がトレンド入りしました。

「FFXI」とは人気ゲームの「ファイナルファンタジー」シリーズの「9作目」、どうやらそれにハマっている、と言う内容のようです。

そして、この作品をいかに好きかと言う事を「UCのジンネマンくらい」と、一般人には馴染みのない言葉で例えをつけたことで、ファンが大騒ぎし、この「ジンネマン」と言う言葉が、トレンド入りしてしまったと言う訳です。

調べてみたところ、この「ジンネマン」とは、人気アニメ機動戦士ガンダムシリーズの「機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)」と言う作品に登場する「スベロア・ジンネマン」と言う、52歳のおじさんキャラクターの名前のようです。

マニアック過ぎて、ファンの方も何を言っているのか分からないようですね。

しかし言い換えれば、松坂桃李さんが発すれば、訳のわからないものもトレンド入りする。

それほど影響力がある、と言うことが示されたとも言えます。笑

ファンの皆さんは、そのオタクぶりに困惑しつつも、暖かい目で見守ってくれているようです。

愛されていますね。笑

エピソード⑦FF14でプレイヤー名暴露!

FF9(ファイナル・フアンタージーシリーズ9作目)にハマったその後、2020年4月20日の菅田将暉さんのラジオ「オールナイトニッポン」で、今度はFF14にハマっている旨を明かされていました。

やり始めたばかりで苦戦されているとかで、リスナーに対し「だからさ…誰か、ちょっとフレンドになってほしいんだよ」とまさかのお願いに出ます。

「俺“ギンサン”って名前でやってるからさ」など飄々とした様子でプレイヤー名を暴露!?

「ローマ字で“ginsan”」と、しっかり綴りまで伝えます。

これには菅田将暉さんも驚き「オンライン名いうなよ!大丈夫それ?」などとツッコんでいました。大丈夫?

ガチオタぶりが買われ、オタク役に抜擢?

様々なオタクぶりが実を結んだのか、2021年公開予定の映画『あの頃。』で、モーニング娘。などの女性アイドルグループを生み出した「ハロー!プロジェクト(略してハロプロ)」に魅せられた、オタク男性の役を演じることが決まっています。

これまでの松坂桃李さんは、軍人や、新聞記者、ピアニストなど、どちらかと言うと硬派で正統派の役を演じる事が多かったように思います。

趣味が高じて、個性派俳優としての道が、開かれたのかもしれませんね、楽しみです!

まとめ

今日は、俳優・松坂桃李さんのオタクエピソードをまとめてみました。

イケメンは何をしても愛されるなぁ、、と羨ましく思った次第です。

 

松坂桃李に続け!デュエリストへの一歩?w

★ 新品 遊戯王OCG デュエルモンスターズ 20th ANNIVERSARY DUELIST BOX 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です