京本大我の歌唱力が凄い!鍛えあげた美声はミュージカルの主演級!

こんにちは!

SixTONES(ストーンズ)のメインボーカル京本大我さんは、父親譲りの甘いルックスのみならず、歌唱力の高さにも定評があります。

その勢いはジャニーズだけに止まらず、ミュージカル界にも及んでいるようですよ!

今日は、彼の歌唱力について追ってみましょう!

京本大我の歌声が美声ランキングで連続トップ!

SixTONES(ストーンズ)の代表曲「JAPONICA STYLE」では、大我さんの透明感あるハイトーンボイスが印象的ですね。

0:37から聴いてみてください!

高音域はファルセットになりそうなところですが、裏返らないのが大我さんの声の魅力。

しかし、高いだけではないですよ。アカペラをどうぞ!

いかがですか?
伸びやかで声量もあって、素敵ですね。

アイドル雑誌「MYOJO」の読者投票企画「あなたが選ぶJr.大賞」の ”いちばん美声部門” では、2015年から4年連続で1位を獲得されているそうです。

一部では「デビュー組顔負け」だという声も上がっているようです。笑

2019年は、同じグループのジェシーが1位を獲得したようで、残念ながら5年連続の獲得にはならなかったものの、がっちり2位の位置をマークしています。

様々なジャンルの曲を歌いこなし、ハモリも得意、多彩な歌唱力で評価が非常に高いようです

京本大我がライオンキングを熱唱!

2019年夏のFNS歌謡祭に、SixSTONESが出演。
大我さんは、ミュージカル女優の昆夏美(こん・なつみ)さんと、あの「ライオンキング」の歌を熱唱され話題になりました。

ジャングルの王になる「シンバ」のフレッシュな感じが出ていて、爽やかで良いですね。

京本大我の歌唱力への反響がすごい!

大我さんは、その美しいルックスのみならず、歌唱力においてもジャニーさんのお墨付きです。

SixTONESだけでなく、舞台やミュージカルにより、能力をあげられたのでしょうね。
絶賛する声が上がっています。

素晴らしい歌唱力で、世界中の多くの人々を感動させることでしょうね。

京本大我の歌唱力はミュージカルの主演級!

先にも述べたように、大我さんの歌唱力の高さは、SixTONESにとどまることなく、ミュージカルの世界においても発揮されています。見てみましょう!

京本大我のミュージカル歴

ジャニーズでは、タッキーこと滝沢 秀明さん主演の人気舞台「滝沢演武城」「滝沢歌舞伎」にジュニア当初から出演されています。

現在の美声やオーラは、ミュージカルの経験により、磨かれ洗練されたと言っても過言ではないでしょう。

京本大我さんがこれまでにジャニーズ外で出演した代表的なミュージカル作品は以下のとおりです。

『エリザベート』

『エリザベート』(2015/2016/2019年)ルドルフ役

日本での上演が、間も無く20周年を迎える大人気ミュージカル「エリザベート」。
大我さんは「ルドルフ」役で話題になりました。
ちなみにこの役は、”ミュージカル界の登竜門”として知られており、演じた俳優の皆さんは、軒並みミュージカルスターとなるそうです。

12月4日のFNS歌謡祭では、『エリザベート』の名曲「闇が広がる」で、井上芳雄さんとの共演が見られるそうです。
楽しみですね!

『スーベニア』

『スーベニア』(2016年)ホフマン・デューク役

夢を追い求め、なんと46歳にしてソプラノ歌手を目指す女性、ジェンキンスを取り巻くハートフルなコメディー。
彼女に密かに恋心を抱く、若いマネージャー「デューク」の役で大女優、三田佳子さんとの共演を見事演じました。
微笑ましい役柄が、大我さんの持ち前の可愛らしさ、愛くるしさにぴったりで好評だったようです。

『恋するヴァンパイア』

『恋するヴァンパイア』(2018年)ハルト役

ヴァンパイア・ハイスクールに通う高校3年生のヴァンパイアの恋物語を描いた人気映画のミュージカル版。
大我さんは、名門のヴァンパイア・インターナショナル・スクールのイケてる理事長の息子役で登場し、個人的にはハマり役でした。
ミュージカル版では、恋物語は男性視点で描かれていて面白かったですね。

『BOSS CAT~シャルル・ペロー「長靴をはいた猫」より~』

『BOSS CAT~シャルル・ペロー「長靴をはいた猫」より~』 主演(2018年)猫役

全世界で愛読されている名作「長靴をはいた猫」をモチーフにした舞台。
上流階級への階段をのし上がる猫役として、初の主演をつとめました。
大我さんは、演技力の高い面々のレベルに合わせるのに非常に苦労したそうです。

『HARUTO』

『HARUTO』主演(2019年)ハルト役

「恋するヴァンパイア」のスピンオフ作品。
主人公のヴァンパイア「哲」のライバル「ハルト」の生い立ちを好演。
耽美的なヴァンパイアの世界観を表現し、大きく話題になりました。

 

ミュージカル作品への出演を通じて、歌唱力のみならず、演技力も着々と身につけて行かれた大我さん。
そんな彼に、大きな舞台が待っていました!

大ヒットミュージカル『ニュージーズ』で主演に抜擢!

2020年5月に東京・日生劇場で上演される大ヒットブロードウェイミュージカル『ニュージーズ』の主演のオファーが大我さんに来たのです。
ルドルフのジンクスは本当でしたね、素晴らしい、おめでとうございます!

『ニュージーズ』は、2012年にアメリカの演劇界で最も権威ある「トニー賞」を席捲した大ヒット作です。
日本では初公演となります。
すごいですね!

大我さんは「僕がSixTONESとして5年近く立たせて頂いている日生劇場に、一人で座長として出演させていただける日が来るとは夢にも思っていませんでした」とコメントされています。

努力が着々と実っています、これは是非拝見したいですね!

まとめ

いかがでしたか?

大我さんの歌唱力は折り紙つき!
歌唱力のみならず、演技力も高く、ブロードウェイミュージカルで主演に抜擢されるほどの能力の持ち主、ということで、もうその勢いが止まりません。

この勢いに乗って頑張って欲しいですね!

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

京本大我さんが気になる方は、こちらもどうぞ
京本大我プロフィールまとめ・新時代の波に乗るエースの全てを総ざらい 【2020最新】京本大我の歴代彼女まとめ!好きなタイプは性格重視? 京本大我は運動神経がない?完璧なパフォーマンスの裏に努力あり! 京本大我の家族や兄弟は?親戚まで美形揃いの有名人一家 【厳選】京本大我の金髪がかっこよすぎる画像100選! SixTONESが2020年CDデビュー!
貴重な初回限定盤を今のうちにゲットするなら

【先着特典】タイトル未定 (初回盤 CD+DVD)
A5サイズクリアファイルー付き

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です