【動画】倉田アナが漢字が読めなくてヤバすぎる!誤読に厳しい声が!

フジテレビのイケメンアナウンサー倉田大誠アナが、2020年4月23日のワイドショー番組『直撃LIVE グッディ!』にて、漢字が読めないなど、続けざまにミスリードを繰り返し、SNSで話題になりました。

倉田アナが読んだ記事はこれ

倉田アナが酷いミスリードで話題になったのは、よりによって、女優の岡江久美子さんの新型コロナウィルスでの死去を伝える記事でした。

こちらは、岡江久美子さんの所属事務所が、発表したコメント記事です。

弊社所属 岡江久美子(本名:大和田久美子)が、令和2年4月23日午前5時20分、新型コロナウイルス肺炎のため、永眠いたしました。(享年63歳)
ここに生前のご厚誼を深く感謝いたしますとともに、謹んでお知らせ申し上げます。
4月3日に発熱し、4~5日様子を見る様に言われておりましたが、4月6日朝に急変し、某大学病院に救急入院いたしました。
すぐにICUにて人工呼吸器を装着し、その後PCR検査で陽性と判明。懸命な治療を続けましたが、完治に至りませんでした。
昨年末に初期の乳がん手術をし、1月末から2月半ばまで放射線治療を行い免疫力が低下していたのが重症化した原因かと思われます。
ご尽力いただきました医療関係者の皆様には、心より感謝申し上げます。
岡江の入院以来、夫、大和田獏と娘、大和田美帆はそれぞれの家で外出を自粛しております。現在症状は出ておりません。
ただ、ショックが大きく、皆様に対応出来ない状態です。しばらくはご静観ください。
尚、通夜及び葬儀は未定、後日『お別れの会』を実施する予定です。

誠に勝手ながら、ご香典、ご供花、ご供物の儀は固くご辞退申し上げます。
関係各社の皆さまにはご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。

【動画】倉田アナの誤読が酷い!

それでは、話題になっている倉田アナの読み間違い動画をみてみましょう。

国民が岡江久美子さんの死に対する悲しみやショックに打ちひしがれる中、倉田アナも心理的に動揺されていたのでしょうか?

背後から、読み方を教える指摘の大きな声がまる聞こえになるなど、始終、怪しい雲ゆきでした。

倉田アナの誤読①ご厚誼

ここに生前のご厚誼を深く感謝いたしますとともに、謹んでお知らせ申し上げます。

倉田アナは「生前のご厚誼(こうぎ)」と読むところを「え〜、ごあいこ」と読んでしまいます。

これは、キャスターでなくても常識の範疇ですよね、ニュースの内容も内容なだけに、この間違いはちょっとキツかったですね。

倉田アナの誤読②4〜5日

倉田アナは「4〜5日」と言う原稿を「よっかかんから、いつかかん」と読み、「よっかからいつか」ですねと、自己訂正されていました。

意味的にはあっていますが、原稿を正しく読むなら「しごにちかん」と読むのでは?と思いつつ、冷静さを欠いている感じが見えました。

倉田アナの誤読③救急入院

某大学病院に「救急入院」いたしました。

倉田アナ「救急入院(きんきゅうにゅういん)」がスムーズに読めず、引っかかりそうになりながらギリギリセーフ。

倉田アナの誤読④放射線治療

昨年末に初期の乳がん手術をし、1月末から2月半ばまで放射線治療を行い免疫力が低下していたのが重症化した原因かと思われます。

「放射線治療(ほうしゃせんちりょう)」を、「ほうせん」と読み、慌てて読み直されていました。

倉田アナの誤読⑤ご供物

誠に勝手ながら、ご香典、ご供花、ご供物の儀は固くご辞退申し上げます。

ご香典、ご供花、、、、と読み上げる傍から、おそらく怪しいと思われたのでしょう、安藤アナから「ごくもつ!」と大きな声でヘルプが入り、アタフタしながら読み上げていました。

最初のミスで心理的に動揺されたのでしょうか、かなりお粗末な報道となってしまいました。

アナウンサーは、落ち着いて伝えるのがお仕事ですよね、なかなか聞きづらかったですね。

倉田アナの誤読に対するSNSの声が厳しい!

今回の、倉田アナの読み間違いに対するSNSの声を見てみましょう。

 これくらい読んでよ!との声が。

安藤アナも鬼の形相だったようです。ヤバいですね。

フジテレビ大丈夫?との厳しい声が!

漢字検定受けろ、誤読がひどいと酷評です。

漢字テストをしろとの声が!

今回は、報道の内容が内容だけに、なかなか、厳しい声が上がっていますね。

メンタルトレーニングと、もう少しの勉強が必要かと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です