ドラマ・極主夫道が「面白くない」?原作ファンの間で「改悪」の声?

2020年10月にスタートした、ドラマ『極主夫道』(ごくしゅふどう)は、累計200万部を突破した人気漫画の実写版。

主役のヤクザの専業主夫 『不死身の龍』に、俳優の玉木宏さんをキャスティングするなど注目作でしたが、蓋を開けて見ると「面白くない」との声も上がっています。

今日はドラマ『極主夫道』の「面白くない」との評判について見て行きたいと思います。

ドラマ・極主婦道が「面白くない」と評判?

ドラマ第一回の放送の後、ツイッターでは『極主夫道』が「面白くない」「つまらない」との声があちらこちらで上がっていました。

「見事に面白くない」との声が。

原作の良さを見事に消し去り、不要な設定を付け加え、「すんごい面白くない」との声も!

面白くしようとして、頑張っている感じが「薄ら寒くて見てられなかった」との声が。

なかなか厳しい声が上がっています。

ドラマ・極主婦道が「面白くない」と言われる理由は?

ドラマ『極主夫道』(ごくしゅふどう)が面白くないと言われている理由を探ってみました。

原作の面白さが全然出せていない!

「面白くない」「つまらない」、原作ファンの間でそのような声が顕著なようでした。

原作は笑えて面白かった、ドラマは「全く」面白くないとの声が。

脚本が良くないとの声、、もっと原作の面白いところを押し出して欲しいようです。

原作(漫画)が面白い理由として、絵に迫力があり、スピード感もよく、間が絶妙で「ふふっ」となるらしいですね。

実写では、独特の雰囲気を表現する事が難しいようです。

オリジナル設定に「改悪」の声?


(C)読売テレビ(オリコン)

原作とドラマとの間に大幅な設定の変更があり、そこが原作ファンの間で「改悪」だと言われている事が分かりました。

原作では、主人公「龍」、妻「美久」、猫「銀」という家族構成でしたが、ドラマでは妻の美久に連れ子の女の子が加わっており、そこに引っ掛かかりがあるようです。

シュールなコメディだから楽しいのに、変なヒューマニズムを足さないで欲しいなどとの声も上がっていました。

また「龍」と「美久」の住まいも、原作ではボロアパートに住んでいたのですが、ドラマでは綺麗な一戸建ての家になっており、味わい深さが消されているようです。

「クオリティ高いけど、娘と一戸建てには納得できない。アパートでええやんけ」と戸惑う声が寄せられていました。

「任侠」にフォーカスしすぎ?

第一話では、ドラマの軸作りのためにどうしても「任侠」を語る面が多くなったようで、コメディ要素に対する物足りなさが指摘されていました。

『龍』の主夫的な面よりも「任侠」面に比重が傾いてしまった事が、面白くないと言われている要因のようです。

オリジナル設定とヤクザ要素多すぎて見てるのダルかった」などの声が上がっていました。

津田健次郎の実写版が完璧すぎた

「極主夫道」は、2018年よりWEBコミックサイト「くらげバンチ」(新潮社)で連載中です。

実は2019年12月にくらげバンチのYouTube公式チャンネルより、声優・俳優の津田健次郎さんが主演の実写PVが公開されており、あまりの完成度に「実写を超えた実写化」などとの声が上がり、ドラマ化希望の声が殺到していたのでした。

満を辞して2020年10月にスタートしたドラマ版は、先の実写版ほどに原作の良さを活かしきれていないようで、待ち望んだファン達の間では、失望の声が聞こえているようです。

このクオリティを見てしまったがために期待度が凄かった分落差がえげつなかった。。
玉木宏も悪くないし竹中直人が組長なの絶対面白いはずなの!!
おべべのシーンとか最高だと確信してたのよ!!
素材の良さを潰してしまったシナリオが本当に全ての元凶!!
んなお口直ししに来ていると確信
そして津田健次郎さんで原作に忠実なアニメ化希望!!!

ドラマ・極主婦道は面白くない?けど玉木宏はカッコいいw

『極主夫道』が面白くないという声が上がる中で、主役の玉木宏さんに対しては、高い評価が上がっていました。

ただ玉木宏さんがカッコ良い(だけ)との声。

玉木宏さん演じる『不死身の龍』役が、似合っているとの声。

面白くないけど、玉木宏さんの顔と声が良いとの声が。

玉木宏さんの役作りは、バッチリですね。

今回のヤクザの専業主夫『不死身の龍』のビジュアルに近づけるために、6kg減量(体脂肪5%)と極限状態まで身体を絞り込んだそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です