リップティントの簡単な落とし方!リムーバーなしでも家にあるものでOK

韓国発で発色が良く落ちないリップティントは、日本でも大人気。

「落ちない」から、とても助かるんですけど、その反面「落ちないから」困ることもありますよね。

専用リムーバーがない時、どうしよう!ってこともあると思います。

今日は「リップティントを家にあるもので簡単に落とす方法」について調べてみました。

リップティントとは?

ティント(tint)とは、もともと絵画用語で、柔らかな感じの「色調」や「色合い」のことを言います。

髪「ヘアティント」や、唇「リップティント」など、染めて色をつける化粧品の類にも、その用語が使われています。

中でも「リップティント」は、唇を染める色落ちしにくいリップのことを言います。

発色の良さ、落ちにくさ、持ちの長さ、みずみずしさ、など従来の口紅やグロスの欠点を大幅にカバーし、リップ界に革命をもたらしています。

最近の口紅の綺麗な発色や微妙なグラデーションは「リップティント」だからこそと言えるでしょう。

リップティントは色素沈着するって本当?

リップティントの発色の良さを裏付ける「色付け法」ですが、従来のように唇に「紅をのせる」ではなく、唇の角質を染料によって「染め上げる」というのが、大特徴。

“sora”

リップティントのメリットは「落ちない&長持ち」
デメリットは「落ちにくい&色味が残る」ということです。
長所と短所は「表裏一体」だトリ!

“torico”

色素沈着の心配が騒がれていますが、実際のところ、放置しておけば沈着はするそうです。

でもきちんとメイクを落としていれば、色素沈着は起こしません。

それに、人間の皮膚には、周期ごとに入れ替わる機能が働いており、唇などはそれが盛んな場所です。

仮に沈着したとしても、新しい皮膚が生まれてくるので、一生そのままという訳ではありません。

リップティントを家にあるもので簡単に落とす方法

とはいえ、リップティントは「染料」を使っているために、唇への負担は口紅やグロスに比べると高いです。

洗顔だけでは落ちず、専用のリムーバーで落とすのが一般的ですが、なくても家にあるもので、わりと簡単に落とせますので見て行きましょう。

必要なものと落とし方

 

リップティントを集中的にオフするには「オイル」の力を借りましょう。

唇の細かいしわの中にまで入り込んで染料を浮かせてくれるので、無理な摩擦によるダメージを与えることなくメイクを落とせます♡

 

家にあるもの、手頃で手に入りやすいものとして
・ワセリン・ベビーオイル・馬油 などがあります。

これらは全て薬局で購入できますし、使用用途が高いので、ひとつあると便利なものばかりです。


ありましたか?
準備が出来たら、やってみましょう!

①唇にオイルを塗りこむ。

 

②くるくると優しく弧を描くように唇をマッサージしなじませ、しばらく置く

 

③浮いてきたら、コットンやティッシュ、綿棒でオフ

 

④最後にリップでケア!はちみつを塗るのも良い。

落としたあと突っ張らないし、乾燥も防いでくれるからおすすめだトリ!

“torico”

リップティントを落とす時に絶対にやってはダメなこと

「色が落ちない!」「このまま色素が沈着しちゃうんじゃないの?」
もどかしくて焦ります。

でもね、そんな時に一番やりそうで、絶対にやってはいけないこと

それは、「ゴシゴシこすること」です。

あ〜 私は良くやってました、、その結果、唇がゴワゴワ&ボロボロに。

魅力的に見せるどころか、皮がむけヒリヒリして、皮膚が生まれ変わるまで悲惨でした。

ここでリップティントの「色付け法」を思い出して欲しいのです。

口紅のように紅を「乗せている」というより、唇のシワの間の角質を「染めている」のですよね。

だから、いくら表面をこすっても落ちないんです。

よくティントは荒れると言われますが、実際この「摩擦による負担」が原因のひとつです。

“sora”

「染料を、浮かせて拭き取る」このイメージを忘れないでくださいね。

リップティントはメイク前の「ひと手間」で落ちやすくなる

メイク前に、ほんのひと手間かけてあげることで、リップティントが落ちやすくなります。

難しいことではありません「先にリップを塗っておく」ただこれだけ。

ポイント

リップティントで染まるのは、主に「唇の縦じわの中」

これを綺麗に落とすには、リップティントを塗る前にしっかりリップクリームで下地を作り、カバーすることです。

唇の縦ジワに沿ってリップクリームをたっぷり入れていきましょう。
するとオフする時にスムーズで、唇の荒れも防げます。

まとめ

いかがでしたか?

魅力的な唇を演出するリップティントですが、落とす際にちょっとした注意が必要ですね。

専用アイテムがない時は、お家にあるものを使って上手に落としてあげてくださいね。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

“sora”

soraがおすすめする万能オイル“馬油”

 

メイクやクレンジングを繰り返すうちに、唇だけでなく肌も乾燥しがちになりますよね。

高価なコスメもいいけど、手軽なものでもケア出来ないでしょうか?

 

ということで、今回ご紹介するのはこちら!

 


ソンバーユ 無香料(70mL)

 

人間の皮脂にもっとも近いと言われるセラミドがたっぷりで、肌への馴染みが素晴らしいのが馬油です。

匂いは無臭、つけた後はしっとりしながら、ベタつきません。
私は友人の勧めで馬油を使い始めたのですが、洗顔後に塗るだけで、乾燥やつっぱり感がなくなりました。

馬油を塗った「後」に、化粧水をつけるのがポイントです。
すると化粧水が肌の深いところまで浸透して、本当にしっとりするんです。
もちろんリップティントもオフしてくれるし、一石二鳥の万能オイルは一生手放せません。
良かったら一度お試しくださいね♡

そろそろ切れてませんか?


ヴァセリン オリジナル ピュアスキンジェリー(200g)

 


ジョンソン ベビーオイル(300mL)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です