超低容量ピル「ルナベル」は太る?吐き気は?効果と副作用をレポート

こんにちは。
お元気でお過ごしのことと思います。

私事ですが、婦人科のお医者様に勧められて
半年前より超低容量ピル「ルナベル」を
飲むようになり生理時の痛みが軽減しました。

本当にありがたかったのですが
飲むまでに少し怖かったり抵抗があったんですよね。

今回は「ルナベル」の効果や副作用についての
実体験をレポートしてみたいと思います。

超低容量ピルとは

ピルとは、主に避妊に用いられる女性ホルモン剤の一種。
一般的には経口避妊薬(けいこうひにんやく)の
イメージが強いかもしれませんが
用途によって使い分けがあるようです。

女性ホルモンであるエストロゲンの量に合わせて
・高用量・中用量 ・ 低用量 超低用量 に別けられ

治療用に使われる低用量、超低用量ピルのことをLEPと言い
避妊用のピルをOCと言うそうです。

どんな症状に効くの?

先ほども述べましたがピルには避妊の効果があるので
多くの方に「避妊のための薬」と
思われているかもしれません。

しかし低容量ピル・超低容量ピルに関しては
生理痛や、生理不順などの月経困難症の治療薬として
国に認可されています。

メリット
避妊
ニキビの改善
月経困難症(月経痛)の軽減
月経不順や月経過多の改善
子宮内膜症の治療
月経前症候群(PMS)の緩和
卵巣がんの発症率の低下
子宮体部癌の発症予防

このように様々な女性ならではのトラブルに
効果を発揮します。すごいですね。

私がピルを飲み始めた理由は
この中の月経困難症と月経過多の症状からでした。

生理周期に伴う
慢性の腹痛を緩和させるのが目的です。

あなたは「生理痛」などの月経困難症に
悩まされることは、ありませんか?

私はかつて、毎月生理のたびに
痛みを抱えて転がっていました。

鎮痛剤「ロキソニン」が手放せなかったのですが

年齢を重ねるごとに
鎮痛剤が効かないほどに痛みが強くなり

同時に過多月経にも
悩まされるようになりました。

また、当時はストレスの強い環境下にいたこともあって

生理の時期以外にも、夕方になると毎日のように
慢性的に腹部が痛むようになっていました。

ビリビリチクチクする腹痛や、ズーンと重い腹痛が
毎月一定のサイクルを持って代わる代わる現れるので、

さすがに「まずい!」と恐怖感を感じて
婦人科を訪れたのが、ピルと出会うきっかけでした。

どこで手に入れるの?価格は?

日本では、ピルは処方箋医薬品として取り扱われており
保険適用になります。

なので、これを入手するには医療機関で医者の診察を受けて
処方箋を受ける必要があります。

きちんと医師の診断のもとに安全な処方を受けましょう。

さて、私は超低容量ピル
「ルナベル」のジェネリック薬

「フリウェル」を服薬しています。
成分は同じです。

価格は、月に1回
診療費込(保険適用)で毎回1,440円です。

調べてみると「フリウェル」は
「ルナベル」の半額程度だそうです。

先日初めて2月分まとめていただいたところ
2,230円でした。

ひと月(1シート)あたりの価格は
1,000円以下と思われます。

飲み方は?

生理開始日から、1日1錠を決まった時間に21日間服用し
その後の7日間服用を休む周期が基本となる。
Wikipediaより

私は、生理開始から2日目に服薬をスタートしました。

ひと月分の1シートあたり21錠の錠剤が入っており

3週間、毎日服用したら
後の7日間は、シートの日にちの箇所をめくることで
飲み忘れのないようにします。

万一飲み忘れたときは
気づいた時点でなるべく早く飲むようにしましょう。

半日くらいなら
遅れても薬の効果は途切れず続くそうです。

2日以上飲み忘れてしまったときは
ピルの効果が切れてしまうので

※飲み忘れた日から数えて1週間休んでから
また新たに飲みはじめるようにすると良いそうですが

困った時は勝手に対処せずに

あなたのかかり付けのお医者さんに尋ねるのが
一番だと思います。

太るのは本当だった!?副作用について

ピルの副作用ってどうなの?

不自然に薬でホルモンをいじったりして
何かよくないことがあるのでは?

など、とてもたくさんの不信感と共に
服薬をスタートしたのを覚えています。

調べたところによると、

その人とピルとの相性によって
副作用の有無や、強さは異なるようです。

デメリット

◎血栓症

血栓症とは、血管中の血液が固まってしまうことで
血液の流れに栓をしてしまう病気です。

超低用量ピルを服用すると
これが出来る確率が増えるそうです。

血栓症は、ふくらはぎを流れる静脈に発症することが多いらしく

更年期世代の40歳後半になった女性や
また若くても1日15本以上喫煙をする人や
肥満の人は、そのリスクが高くなるそうです。

◎乳がんの発生率
上がらないとされています。

◎むくみ・吐き気などのマイナートラブル
一時的な症状で大抵の人が徐々に慣れるそうです。

私は、初めて飲んだ2日後に少し吐き気がしましたが
その日だけで現在は治りました。

気になったのは、むくみ
私は元々むくみやすい体質なのですが

超低用量ピルを飲み始めて
体重が1kg程度増加しました。

生活スタイルは服用の前後でさほど変わっていないので
副作用だと思われます。
我ながら、むくんでいるなぁと感じます。

実際にピルを飲んだ「効果」は?

さて、実際に超低容量ピルを飲んだ結果ですが

私は、生理痛が激減しました。

生理前になると少し疼く程度の痛みは出るものの
痛み止めを飲むほどではなくなりました。

また、過多月経
PMS(※月経前症候群)がかなり軽減しました!

※月経前の不快な症状のために生活に支障が出るような状態

ずっとずっと悩まされてきた
あの痛みと、生理前のひどいイライラ感が
なくなったのですから本当に嬉しい効果でした。

ただ超低容量ピルを飲む以前からの症状として

生理以外の不整出血がかなりの日数見られるのですが
その症状は治っていません。残念ながら。

現在、飲み始めて5ヶ月目です。
子宮内膜症や、子宮体がんetc…などの検査は受けていて
経過をみながらと言うことになっています。

一般には、ピルを飲むとしばらくの間
不整出血が見られるものの
しばらくすると軽減するそうなので

不安もありますが

定期的に病院でチェックしていただきながら
漢方を飲んだり、腹部を温めたりと

セルフメンテナンスをしながら
付き合って行こうと思っています。

まとめ

以上、ルナベル(フリウェル)の副作用は
本当でした。

しかし、私の場合、それはわずかなもので
思っていたほど大変なものではなかったため

診療していただくお医者様と相談しながらの
服薬ならば安心して良いと思います。

むしろひどいPMS、生理痛持ちが改善され
それに勝る効果を得たように思います。

実は、ずっとピルの服用は勧められていたのですが
怖くて踏み出せませんでした。

早く飲んでおけば良かった、というのが素直な感想です。

普段から婦人科系の不調を感じている方は
ピルを飲む飲まないは関係なしに

勇気を出して一度、婦人科に
行ってみることをおすすめします。

何もなければなかったで、安心できますしね。

以上、レポートでした。

あなたが今日も、健康で幸せな1日を送れますように!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です